名古屋市電  名古屋駅前へ下之一色線へ夜の今池へ熱田神宮前へ広小路へ沢上町へ

名古屋市電運転系統図
↑名古屋市電の運転台の後ろに掲示されていた路面電車運転系統図です。                        2011(H23).4.7up

1898(明治31)年に名古屋電気鉄道(株)により開業した名古屋の路面電車は、その後市営化と路線網の拡充が行われ、1962(昭和37)年には上図のようなすごいネットワークがありました。しかしこの少し前がピークで、路線は順次廃止され 1974(昭和49)年3月31日「名古屋を走って77年」の歴史に終止符を打ち、全線廃止となりました。
 (その翌日(1974.4.1)から私は会社勤めを始め、昨年(2010/H22年)定年退職しました。名古屋市電廃止後36年でしたが、過ぎてしまえばあっという間ですね)
  撮影場所     おもな写真の内容  ↓ここをクリック
 名古屋駅前  昭和45・46年、夜の名古屋駅前に停車中の名古屋市電です。  名古屋駅前
 下之一色線 [70]系統  ワンマン電車発祥の地「下之一色線」です。ローカルムードあふれる沿線風景でした。  下之一色1  下之一色2
 夜の今池  名古屋の東の盛り場・今池を走っていた市電です。雨の夜でした。  今池
 お正月の熱田神宮前  初詣客で賑わう「お正月の熱田神宮前」昭和47・48・49年の元日の風景です。  熱田神宮1  熱田神宮2
 繁華街広小路  名古屋の繁華街「広小路」を走る市電の廃止直前(昭和46年1月)の風景です  広小路
 沢上町・新尾頭町あたり  金山橋の少し南にあった沢上町は、名古屋市電が最後に十文字クロスした交差点です。  沢上・新尾頭町

参考図書
  「名古屋を走って77年」 名古屋市交通局 1974(昭和49)年3月発行
  「名古屋の市電と街並み」 日本路面電車同好会名古屋支部編著 トンボ出版1997(平成9)年10月発行
  「名古屋市電が走った街 今昔」 徳田耕一著 JTBキャンブックス1999(平成11)年9月発行

 Top頁(Home)へ