名古屋市電   沢上町・新尾頭町あたり                      名古屋市電路線図へ

沢上町付近の地図 名古屋市電

沢上町・新尾頭町あたりの地図です。

赤線を引いた市電の路線・沢上町〜八熊通〜船方と沢上町〜熱田駅前〜大江町は、1974(昭和49)年2月16日に廃止となりました。
青線の金山〜沢上町〜市大病院前は、最後まで残った市電路線の一つですが、それからわずか1ヶ月半後の3月31日に廃止され、名古屋市電は全線廃止となりました。

沢上町は、名古屋市電が十字に交差していた所では、最後まで残った交差点です。

1974(昭和49)年2月10日、部分廃止と全線廃止が迫った名古屋市電を慌てて撮りに行きました。
結果的に、私が名古屋市電を撮ったのは、この日が最後でした。



左の地図は、国土地理院1:25,000「名古屋南部」S47.7.30発行の一部です。
名古屋市電の路線を赤と青でなぞり、電停名を赤文字で記入しました。
紺と緑の点線で記入してあるのは地下鉄路線です。
名古屋市電 新尾頭町@

   1974(昭和49)年2月10日

新尾頭町と八熊通電停の間にある、堀川を渡る橋です。右側が新尾頭町方向になります。この橋を地図で調べると住吉橋と書いてありました。

この付近は、白鳥の貯木場の少し北になります。そのため堀川の両側に製材所がたくさんありました。
白鳥貯木場から筏に組んで運んできた木材が堀川に浮かんでいました。
写真を見ると筏師も活躍していたようです。
名古屋市電 新尾頭町A

      1974(S49).2.10

上の写真@とほぼ同じ場所です。

堀川から製材所まで木材運搬用に道路を横断するトロッコがありました。

線路の幅を測っていませんが、常識で判断すれば、762mmか610mmだと思われます。
堀川沿いには、このようなトロッコがたくさんあったということです。

名古屋市電 新尾頭町B

      1974(S49).2.10

上の写真Aの逆方向から下流側を見て撮りました。
堀川から木材をクレーンで吊り上げてトロッコの上に載せ、道路を横断して製材所の中へ運んでいました。
名古屋市電 新尾頭町C

      1974(S49).2.10

堀川沿いの道から電車通りに上がる石畳の坂道です。

だいぶ傷んでいました。
名古屋市電 新尾頭町D

      1974(S49).2.10

堀川の近くにある住吉神社です。
左が新尾頭町方向で、このすぐ右側が上の写真@の住吉橋になります。
名古屋市電  1974(S49).2.10

 日比野〜中央卸売市場前@

国鉄の白鳥貨物線と平面交差していました。その踏切です。
この写真のすぐ右側に白鳥貨物駅がありました。
名古屋市電  1974(S49).2.10

 日比野〜中央卸売市場前A

貨物線との平面交差部を貨物線から見ます。
写真奥の方が白鳥(貨物)駅です。

隣接して白鳥貯木場があり、この貯木場へ木曽の檜などの木材を運搬するために造られたのが「白鳥駅」です。
その後、中央卸売市場が開設され、白鳥駅の少し奥に「名古屋市場駅」が出来、鮮魚・野菜などの輸送なども行われました。
輸送のトラック化により名古屋市場駅は1978(S53)年に廃止、白鳥駅と貨物線は1982(S57)年に廃止となりました。この頃はまだ貨物列車が走っていたのに、写真を撮らなかったのを悔やんでいます。

なお、白鳥貯木場も廃止となり、そこで世界デザイン博が1989(H1)年に開催され、その跡地に高層マンションなどが建っています。
名古屋市電 沢上町@

      1974(S49).2.10

名古屋市電同士が平面交差する交差点は、いろんな所にありましたが、最後まで残ったのが、この沢上町交差点です。
写真は、北(金山橋)側から見た沢上町交差点です。
51系統 船方行きが交差点を横断中です。

市電同士が交差する風景も、この日から6日後には見られなくなりました。
名古屋市電 沢上町A

      1974(S49).2.10

上の写真(沢上町@)の左に写っている「沢上町」電停から交差点方向を見て撮りました。

交差点の向こう側(熱田駅前方面)と、右側(八熊通方面)は6日後に、手前側(金山橋方面)と、左側(高辻方面)は約1ヶ月半後に廃止となりました。

名古屋市電 沢上町B

      1974(S49).2.10

上の写真(沢上町A)に写っている三菱銀行の前から沢上町交差点を撮りました。
高辻方面から来た金山橋行きです。
名古屋市電 沢上町C Nさん撮影

      1973(S48).1.14

上の写真より約1年前の沢上町交差点です。
交差点の東側(高辻方面)から西方向を見た風景です。
名古屋市電 沢上町D Nさん撮影

      1973(S48).1.14

上の写真(沢上町C)の反対方向で、東側を見た風景です。
名鉄線・国鉄線の上を越えるため、市電は坂を登ります。
後方に写っている電停は、池内町です。
名古屋市電 船方   Nさん撮影

      1974(S49).2.10

廃止が迫った「船方」電停に到着する市電です。
折り返して市立大学病院前行きになりますので、幕は既に「市大病院」に変えてありました。
向こうの方に「一番町」の電停が見え、その遙か彼方には、中日球場の照明塔が霞んで見えます。

(この年、中日ドラゴンズは巨人のV10を阻止し、20年ぶりのセリーグ優勝を果たしました。 ♪中日球場つめかけた 僕らをジーンとしびれさす いいぞがんばれドラゴンズ 燃えよドラゴンズ♪ という歌がこの頃出来ました)

日比野〜船方の市電は、あまりお客さんがいないと思われた割には、最後の頃まで残りました。
この区間の西町電停近くに、名古屋市電唯一の定期検査が出来る西町工場があったので、「ここは最後まで残る」とNさんが昔言っていたのを思い出しました。
その予想通り、最後のほんの少し前になくなりました。
 Top頁(Home)へ  名古屋市電路線図へ