名古屋市電   お正月の熱田神宮前1/2

名古屋市電 

熱田神宮前@   1972(昭和47)年1月1日

1972(昭和47)年の元日はあいにくの雨でした。
老夫婦が停車中の市電に乗り込みます。
この写真の左側に名鉄神宮前駅、右側に熱田神宮がありますので、横断歩道は信号が変わるたびに人であふれました。

「熱田神宮前」電停を通る市電は、当時 金山橋〜熱田神宮前〜昭和町の「21」系統のみでしたが、お正月は金山橋〜熱田神宮前に「臨」系統が増発され、電停には臨時係員を配置し初詣客を輸送していました。


廣田尚敬さんの写真集「魅惑の鉄道」の中に、「鎌倉の春」というコーナーがあり、初詣客で賑わう北鎌倉駅の情景が見事に表現されていました。電車よりも、にこやかな晴れ着姿の女性が主役になった写真でした。私はその写真に感化されて、「熱田神宮前の春」を撮りに出かけたのですが、雨に降られてしまいました。
↓熱田神宮前A 1972(S47).1.1
 左のホームは市電から降りた人、右のホームは市電を待つ人であふれています。
 
名古屋市電

熱田神宮前B 1972(S47).1.1 

熱田神宮の東門から境内へ入ってすぐのところです。
名鉄電車or市電に乗って熱田神宮初詣に来た人の通り道ですので、混雑するところです。
屋台が軒を連ねていました。

雨は一旦小やみになったようです。
  名古屋市電

熱田神宮前C 1972(S47).1.1

熱田神宮の東門の入口付近です。

市電の向こう側が名鉄神宮前駅ですが、当時はまだ木造駅舎でした。

 
  名古屋市電

熱田神宮前D 1972(S47).1.1 

背景は、熱田の杜です。
  
  名古屋市電

熱田神宮前E 1972(S47).1.1

ここも熱田神宮東門付近ですが、上のBCの場所から150mくらい南に離れ駅から遠いので、空いています。
   
  名古屋市電

熱田神宮前F 1972(S47).1.1 

子供用のパチンコ台と裸電球
懐かしいですね!
  名古屋市電

熱田神宮前G 1973(S48).1.1 

ここから下は、上の写真@〜Fの1年後です。

また元日に熱田神宮へ行きました。

1年前と違い、雨は降りませんでしたが、曇って肌寒い天気でした。

歩道橋の上も下も人が一杯ですね。
写真を見ると、上は左(熱田神宮)行き、下は右(神宮前駅)行きの一方通行のような感じです。
東門の入場規制を行っているようで、歩道橋の上の人は止まっているみたいです。
  名古屋市電

熱田神宮前H 1973(S48).1.1

人がいっぱいの歩道橋を歩きながら撮りました。

「熱田神宮前」折り返しの「金山橋」行き臨時列車がつながっています。
昭和町行き「21」系統はなかなか来ないようです。
熱田神宮前I 1973(S48).1.1 市電を待つお客さんと係員です  熱田神宮前J 1973(S48).1.1 市電が到着しました
 
名古屋市電

熱田駅前@ 1973(S48).1.1

熱田神宮前から金山橋行きの市電に乗りました。

国鉄熱田駅前の交差点で信号待ちです。
前方に「熱田駅前」電停が見えます。
  名古屋市電

熱田駅前A 1973(S48).1.1

熱田駅前交差点を通ります。

対向電車の足下に手前側へ分岐する線路が見えます。
昔はここで分岐し、白鳥橋経由名古屋港行きの市電が走っていました。

 
  名古屋市電

金山橋@ 1973(S48).1.1

終点の金山橋に到着しました。
かなりのお客さんが乗っていました。
  名古屋市電

金山橋A 1973(S48).1.1

熱田神宮前行きの市電は満員で出発していきます。
名古屋市電が活躍していた時代の1コマです。
 名古屋市電路線図へ  Top頁(Home)へ  次(熱田神宮前2)へ