津島軽便堂写真館

近鉄 内部・八王子線 2 日永駅 1四日市 3内部 4西日野 5室山 6桜・室山 7八王子 

内部・八王子線(21)

 日永 1972(S47).1.22

内部線、八王子線の分岐駅・日永(ひなが)です。
素晴らしい雰囲気のある駅で、43年経った今もほとんど同じです。一番右の線路はなくなりましたが・・・

初めて内部・八王子線を訪問した日の最後に日永で降りて撮りましたが、既に薄暗くなっていました。
内部・八王子線(22)

 日永 1972(S47).1.22

八王子線の列車は、必ずこの日永ですれ違うダイヤになっていました。
構内踏切と四日市行き同一ホーム(2・3番)の関係で列車は右側通行でした。
内部・八王子線(23) Nさん撮影

 日永 1973(S48).4

八王子行きの電車が到着します。

モ231号は、内部・八王子線の電動車の中で唯一正面が丸みを帯びていて、私は一番好きでした。


元は松阪電気鉄道のフ21号として、1927(昭和2)年に日本車輌で製造され、三重交通に統合後サ441になり、昭和26年に電装し内部・八王子線に転出、モ260形261となり、近鉄合併時にモ230形231となりました。
内部・八王子線(24)

 日永 1983(S58).5.21

上の写真の10年後の日永です。

この前年から260形が登場しました。
それを機に、オレンジと赤の塗装が採用されました。

日永駅の南の踏切から撮りました。この当時は、日永駅にも駅員さんがいました。
内部・八王子線(25)

 日永 1983(S58).5.21

八王子線の日永駅ホームです。

左の方には錆びた線路と使われなくなったホームがありました。

上の写真(23)の10年後でした。
内部・八王子線(26)

 日永 2015(H27).1.27

上の写真(24)の32年後の日永駅です。
走っている電車は同じですが、色だけパステル調になっていました。
駅員もいなくなって寂しさの漂う駅です。
天気が悪かったのですが、明るいパステル調の電車で助かりました。
内部・八王子線(27)

 日永 2015(H27).1.27

上の写真(26)の続きです。
この駅で、西日野→四日市の列車と、四日市→内部の列車がすれ違うダイヤになっていました。
出発直後の両列車です。
内部・八王子線(28)

 日永 2015(H27).1.27

上の写真(27)の約15分後です。
今度は、内部→四日市の列車と四日市→西日野の列車がすれ違います。

上の写真(21・22)の43年後でした。
内部・八王子線(29)

 日永 2015(H27).1.27

日永の三角ホームです。
3番線に四日市が到着します。
綺麗なお嬢様たちも、この電車で四日市へ向かいます。
内部・八王子線(30)

 日永 2015(H27).1.27

上の写真(29)を撮った後、急いで1番ホームへ移動し、内部行きの電車に乗りました。
車内から、ガラス越しに四日市行きの電車を撮りました。
内部・八王子線(31)

日永~南日永 1972(S47).3.31

43年前の写真です。
天白川の鉄橋を渡ります。
この鉄橋も、現在は頑丈そうなコンクリートの壁付の橋になり、写真は撮れなくなりました。
内部・八王子線(32) Nさん撮影

日永~南日永 1973(S48).1.21

上の写真(31)の反対側から見た天白川の鉄橋です。
内部・八王子線(33)

日永~南日永 1972(S47).3.31

上の写真(32)の反対側から見た天白川の鉄橋です。

木橋もありました。
内部・八王子線(34)

南日永~泊 1972(S47).1.30

四日市コンビナートの煙突群をバックに、軽便電車が走ります。

この写真は、八王子線の西日野駅近くの丘(四日市南高校)から、内部線方向を俯瞰しました。
内部・八王子線(35)

 泊 2015(H27).1.27

内部線の列車同士が交換する泊駅です。

↓泊から追分方向を見ました。
左の写真の左の列車が通り過ぎたところです。
内部・八王子線(36)

追分~小古曽 1975(S50).10.26

昭和50年秋の内部線です。
この前年6月に四日市駅が高架化工事の仮駅から高架下に移り、その1ヶ月後には、集中豪雨で八王子線日永~伊勢八王子が不通となりました。
西日野駅が移転し、日永~西日野の運転再開されたのは、この写真の翌年4月でした。

八王子線が運休になり、電動車が余ったためかどうか分かりませんが、列車の前後に電動車を連結し、後ろ側の電動車は付随車扱い(パンタ下げ)にすることで、終点では機回し入換が不要になりました。
内部・八王子線(37)

追分~小古曽 1975(S50).10.26

電車が遠くの停留所に停車中です。
小古曽駅を北から見た景色と思われます。
内部・八王子線(38)

追分~小古曽 1975(S50).10.26

上の写真(37)の続きです。
211号が近づいてきました。

内部・八王子線(39) Nさん撮影

小古曽~内部 1973(S48).1.21

四日市コンビナートの紅白煙突群をバックに走ります。



次頁は、この続きの内部付近と内部駅の写真です。
2015(H27).3.31renewal
 2010(H22).12.24up
 津島軽便堂Topページへ戻る  1四日市 3内部 4西日野 5室山 6桜・室山 7八王子  北勢線へ 次の頁(内部・八王子線3)へ

参考図書: 「鉄道ファン145号」1973(昭和48)年5月号 交友社発行