津島軽便堂写真館

近鉄 内部・八王子線 1 四日市  2日永 3内部 4西日野 5室山 6桜・室山 7八王子

近鉄内部・八王子線は、2015(平成27)年4月1日から「四日市あすなろう鉄道」として再スタートしました。
これを機に、内部・八王子線のページを全面リニューアルし、写真を大量に追加しました。ご覧ください。


内部(うつべ)・八王子線は、現在も軌間762mmで残る軽便(けいべん)鉄道線です。
ただし、西日野〜伊勢八王子は1974(昭和49)年7月の集中豪雨で川沿いの線路が流され運転休止に、そのまま1976(昭和51)年廃止となりました。
1972(昭和47)年頃は、今よりも遙かに軽便鉄道らしい路線でした。その頃の写真を中心にご紹介します。
近鉄四日市〜内部が5.8km、途中の日永で分岐し、日永〜伊勢八王子が八王子線2.9kmでした。
(四日市駅高架化工事で、内部・八王子線の四日市駅ホームが移転したので、内部線は5.7km、八王子線は部分廃止により1.3kmになりました)

左の地図は20万分の一「名古屋」の一部です。
  国土地理院 昭和43年6月30日発行
内部線を青で、八王子線を緑でなぞり全駅にを付けました。(なお、四日市〜赤堀間に南浜田信号所が1986/昭和61年まで存在しました)

四日市→内部の内部線、次に八王子線の順に写真をご紹介します。
近鉄内部・八王子線@

四日市 1972(昭和47)年1月26日

「よっかいちーよっかいちー、
湯の山温泉・内部(うつべ)・八王子方面お乗り換え四日市でございます」。

この頃、近鉄四日市駅は地上にありました。
内部・八王子線ホームの隣の湯の山線もかつてはナローゲージでしたが、標準軌の1435mmに改軌されていました。
湯の山線の標準軌と内部・八王子線の762mmが並ぶ風景が間もなく終わろうとしていた頃です。この写真を撮った1〜2週間後に四日市駅の高架化工事が始まり、この並びは見られなくなりました。

線路の幅が約半分で車体も小さいのに、架線の高さは同じで、214号のパンタがよく目立っています。
近鉄内部・八王子線A

近鉄四日市 1972(S47).1.26

上の写真@の少し前に撮りました。
この当時は、この四日市駅から内部行き、八王子行きが共に20分おきに出ていました。

当時の内部・八王子線の車両は、
電動客車が8両
 ・モニ210形211〜214の4両
 ・モニ220形228〜229の2両
 ・モ230形231の1両
 ・モ240形241の1両
付随客車が11両
 ・サニ110形111〜113の3両
 ・サ120形121の1両
 ・サ130形131〜132の2両
 ・サ150形158〜162の5両
機関車が1両
 ・デ40形46の1両
合計20両が活躍していました。
近鉄内部・八王子線B

四日市 1972(S47).1.30

標準軌とナローの横並びが見られなくなる直前です。
線路幅の違いを目とフィルムに焼き付けに行きました。
上の写真@Aの反対側で、4日後です。

湯の山線の6301号が到着します。元・関西急行電鉄モハ1形です。

現在の近鉄名古屋線は、1938(昭和13)年に、関西急行電鉄が桑名〜関急名古屋を開通させて全通しましたが、「関西急行電鉄モハ1形」はそれに備えて製造されました。そのスピードと新造時の塗色から「緑の弾丸」と呼ばれました。
近鉄になって6301形となりました。
近鉄四日市駅で標準軌とナローの並び 近鉄内部・八王子線C

四日市 1972(S47).1.30

上の写真Bの折り返し電車が出発しました。

このモ6301号は、1972(S47)年に養老線へ転出(電装解除・台車履き替え)したということですから、転出直前の姿ということになります。
養老線転出後、1974年に5301形と形式変更されました。
詳細は→Wikipediaをご覧ください。
近鉄内部・八王子線D

四日市 1972(S47).1.30

標準レンズでホーム全体を撮ると、こんな感じでした。
9番ホームの奥に停まっている電車は211号です。
内部・八王子線E

 四日市 1972(S47).1.26

内部の行き先板を持って駅員が歩いています。
214号は内部行きになるんでしょうか?
内部・八王子線F

 四日市 1972(S47).1.30

212号は八王子行きになります。
光と影が絶妙ですね!(自画自賛)

内部・八王子線の主力モニ210形で4両の仲間(211〜214)がいました。

詳細は→Wikipediaデ50形をご覧ください。
近鉄四日市駅での内部・八王子線の入換(説明図)

1972(昭和47)年頃の内部・八王子線は、 両運転台付の電車+客車1〜2両で運転されていましたので、終点では機関車列車のように、必ず機回し入換が必要でした。(運転台付の制御客車がなかった)。
連結器も自動式ではなく、軽便鉄道らしい朝顔型を使っていました。この時代にあの大近鉄が・・・当時も意外でした。

内部線八王子線とも20分おきに電車が走っていましたので、四日市では1時間に6回も連結・解放・入換を行っていました。
四日市駅には機回し線がなかったので、左の図のような入換を行っていました。

@列車がいないときの状態です。電車(M1)はH番線ホームの奥に待機

A電車(M2)が客車2両(黄色)を牽引し四日市駅I番線ホームに到着

B電車(M2)を切り放してIの奥に突っ込む。Hの奥にいた電車(M1) を入換

C電車(M1)を客車の前に連結。内部or八王子行きの列車として準備完了。

D電車(M1)+客車2両の列車がお客を乗せて出発

E次の列車、電車(M3)+客車2両(黄緑)が四日市駅へ到着。

これ以降はホームが逆になるだけでA〜Eの繰り返し。
内部・八王子線G

 四日市 1972(S47).1.26

一番左の10番ホームに列車が到着し、高校生が大勢降りてきました。これから入換が始まります。

上の「四日市駅入換説明図」ではAの状態です。
内部・八王子線H Koさん撮影

 四日市 1972(S47).1下旬

9番ホームに列車が到着し、高校生が大勢降りてきたときの写真をKoさんが撮りました。

上の「四日市駅入換説明図」ではDの状態です。

手前の張り上げ屋根のバス窓客車はサ130形で内部・八王子線に2両、北勢線に6両の仲間がいました。
内部・八王子線I Koさん撮影

 四日市 1972(S47).1下旬

9番ホームの端っこです。
213号が停まっていました。
210形は湯の山線の前身、四日市鉄道が1928(昭和3)年に作った生え抜き車両ということです。

その向こうの方(10番線の奥)には、電気機関車がいます。
内部・八王子線J Koさん撮影

 四日市 1972(S47).1下旬

10番線の奥に待機していたデ40形46号です。
救援機として待機していたと思われます。
北勢鉄道が20形として作った2両の機関車の内1両です。
内部・八王子線には、箱形のカッコイイ四日市鉄道のデ51形機関車や、松阪から来たかわいいB凸デ61形がいましたが、残念ならが既に引退し、このBB凸の46号だけが残りました。

手前から向こうへカーブしている線路は湯の山線です。
内部・八王子線K Koさん撮影

 四日市 1972(S47).1下旬

建設中の内部・八王子線四日市仮駅のホームです。
四日市駅高架化工事のため、四日市駅の約300m赤堀寄りに仮駅を建設中でした。
この仮駅完成後に、内部・八王子線はこのホーム発着になり、標準軌(1435)とナロー(762)の並びは見られなくなりました。

Koさんは、H〜Kの写真を撮った後、桑名の北勢線の撮影に行ってしまったので、結局内部・八王子線には乗らずじまいでした。
内部・八王子線L Nさん撮影

四日市(仮駅) 1973(S48).1.21

上の写真@〜Kの約1年後です。
向こうの方では高架化工事が進捗しています。名古屋線・湯の山線の高架化工事です。コンクリート構造物はだいぶ出来上がっていますが、架線はまだのようです。
上の写真Kの反対から見ました。

モニ220形は、221〜227号が北勢線の主力電車として活躍し、228・229号が内部・八王子線で活躍していました。
詳細は→Wikipediaモハニ50形をご覧ください。
右の121号は旧松阪電気鉄道の車両で、一時期は電動車だったという経歴の持ち主です。
詳細は→Wikipediaサ120形松阪鉄道デ31形をご覧ください。
 
内部・八王子線MN Nさん撮影

四日市(仮駅) 1973(S48).1.21

仮駅のホームで見た風景です。

内部・八王子線O

 四日市 2015(H27).1.27

上の写真@〜Kの43年後です。
名古屋線・湯の山線の高架下に、内部・八王子線のホームが出来ました。

1974(昭和49)年6月に、上の写真の仮駅から元の場所まで戻りきれず、ここまで移動し、営業キロが0.1km短くなりました。
駅移転から既に41年もたちました。

41年前と比べると、電動車は写真に写っている260形(261〜265)の5両だけになり、制御車が5両(新造3+改造2)と中間の付随車4両の計14両が、内部・八王子線車両の全てです。
3両組成×4本+2両組成×1本で運用されています。
Wikipedia近鉄260系
内部・八王子線P H27.1.27

近鉄内部・八王子線の1dayフリーきっぷです。

Koさんの後押しで「四日市あすなろう鉄道」発足記念のHPリニューアルを計画したところ、最近の内部・八王子線の写真がないことに気付き、撮影に出かけました。
この日に撮ったのが、上の写真Oです。次ページにも日永駅の写真が登場します。
内部・八王子線Q

 赤堀 1972(S47).1.26

四日市の隣の駅、赤堀の日没直前です。
赤堀ホームから撮りました。
内部・八王子線R

 赤堀 1972(S47).1.26

上の写真Qの続きで、振り返って撮りました。
四日市行きの電車は、この少し向こうにある南浜田信号所を通り、四日市に向かいます。
(残念ながら、信号所の写真を撮らずにいるうち、1986/昭和61年に信号所がなくなってしまいました)
内部・八王子線S Nさん撮影

赤堀〜日永 1973(S48).1.21

赤堀と日永の間にある鹿化川橋梁です。
この鉄橋は、現在コンクリートの壁付きの立派なものになり、写真が撮れなくなってしまいました。

モニ220形+サ150形の編成です。
電動客車モニ220形は北勢線7両+内部・八王子線2両の計9両、付随客車サ150形は北勢線7両+内部・八王子線5両の計12両で、共に近鉄軽便線の最大勢力でした。


次ページは、日永駅と日永〜内部間の写真です。
 2015(H27).3.25renewal
 2010(H22).12.24up
津島軽便堂Topページへ戻る  2日永 3内部 4西日野 5室山 6桜・室山 7八王子  北勢線へ 次の頁(内部・八王子線2)へ

参考図書: 「鉄道ファン145号」1973(昭和48)年5月号 交友社発行