紀州鉱山鉄道 三重県・和歌山県・奈良県の県境にあった軌間610mmの複線で電化されていた鉱山鉄道です。 
紀州鉱山鉄道の地図 
紀州鉱山を訪問したのは1976(昭和51)年1月です。
友人と3人で新宮からバスに乗り、板屋へ行きました。

←そのとき持って行った5万分の1の地図です。
上の3/4は「十津川」昭和44年編集より
下の1/4は「新 宮」昭和44年編集より

紀州鉱山鉄道の路線が点線で引いてありましたので、でなぞりました。
トンネル部分は薄く、地上へ出ている部分は濃く塗ってあります。
駅以外は、ほとんどトンネルでした。
この地図で、湯ノ口から左斜め下に行く路線は、既に廃止になっていました。

当時は、板屋から小口谷・湯ノ口を経由して惣房まで、定期旅客列車が運行されていました。
鉱山従業員とその家族および地元住民用で、運賃は無料でした。
鉱山の方の御厚意で、湯ノ口〜上川も臨時列車に乗車させて頂きました。

訪れた駅が緑色で記入してあります。

紀州鉱山は1978(昭和53)年に閉山になりましたが、鉱山鉄道の一部は奇跡的に復活し、小口谷(瀞流荘)湯ノ口(湯ノ口温泉)をトロッコ列車が1日6往復しています。
ぜひお出かけください。

下の駅名をクリックすると当時の写真がご覧いただけます。

 板屋
 小口谷
 湯ノ口
 惣房
(そうぼう)
 上川
(じょうせん)

 Topに戻る