津島軽便堂写真館

北勢線 4/4    上笠田~麻生田~阿下喜   北勢線1へ 北勢線2へ 北勢線3へ

北勢線(63)

上笠田~麻生田 1996(H8).11.24

山沿いを走る北勢線です。
紅葉シーズンですが、北勢線沿線では紅葉の名所を見つけられず、少しだけ紅葉している所で撮りました。
北勢線(64)

上笠田~麻生田 1993(H5).11.6

山沿いを走る北勢線その2です。
上の写真の少し麻生田寄りと思いますが、上の3年前に撮りました。
↑北勢線(65)
 上笠田~麻生田
  1994(H6).11.23

麻生田駅近くの茶畑を走る北勢線です。
←←北勢線(66・67)
 麻生田 1993(H5).11.6

麻生田駅に到着する電車を待ち構えていたら、篭を背負ったおばさんが通りがかりました。
そちらをメインにして、到着した阿下喜行き電車は小さくしました。

北勢線(68)

六石~阿下喜 1974(S49).12

北勢線が員弁川に最接近する付近を、西桑名行きの電車が通り抜けます。
↑北勢線(69) 六石~阿下喜 1975(S50).1

上の写真(68)の逆方向から見ています。
電車が阿下喜に向けて坂を下ります。
←北勢線(70) 六石~阿下喜 1974(S49).12

阿下喜を出発して間もない電車です。
その後方のビルの看板を拡大して読むと、「員弁厚生病院」と書いてありました。現在は移転して「いなべ総合病院」と名前を変えました。
その向こうにあるのは、三岐鉄道東藤原駅近くの小野田セメント(現:太平洋セメント)の工場です。
その奥にそびえるのが藤原岳です。

北勢線(71)

 阿下喜 1972(S47).1.23

終点・阿下喜に到着した列車は、電車を先頭へ付け替える機回し入換を始めました。(牽引される客車に運転台がついていないため必須)
駅長さんが、タブレットを抱えてポイントを切り換えています。
ホームの端には、留置されている連接車の200系が顔を覗かせています。

この写真は、私が初めて撮った北勢線の写真です。
西桑名からこの電車に乗り、終点の阿下喜で降り、改札を出て急いで撮りました。
北勢線(72)

 阿下喜 1972(S47).1.23

機回し入換中の225号です。
駅の横に車庫がありました。私が撮った写真で車庫が写っているのは、この2枚だけです。
いつまで車庫の建物が残っていたか全く記憶していませんが、ネットで写真を調べると1977(昭和52)年までは車庫があったようです。

電車の総括制御化で機回しが不要になり、機回し線と車庫が廃止になったと思われます。
北勢線(73)

 阿下喜 1975(S50).1

風情のある阿下喜の駅舎です。
Wikipediaによれば2006(平成18)年まで使用されていました。
北勢線(74)

 阿下喜 1974(S49).12

昭和49年の阿下喜の留置線です。

この当時、昼間はいつも連接車の200系が置いてありました。
北勢線(75)

 阿下喜 1974(S49).12

上の写真(74)の逆方向から見ました。
連接車200系の向こうに阿下喜駅のホームがあります。
もう少し右に振って撮っていれば、車庫が写ったはずですが・・・
北勢線(76) 阿下喜 1974(S49).12

201号の(74)の逆サイドです。
北勢線(77) 阿下喜 1974(S49).12

左に貨物ホームがありました。貨物線の線路は既に撤去されていました。

北勢線(78)

四日市スポーツランド 1993(H5).10.9

四日市スポーツランドに保存されていた頃の226号です。
けばけばしい色に塗られていました。
(色褪せていますが・・・この後、元の近鉄マルーンに塗り替えられたようです)

家族でフィールドアスレチックをやりに行き、そのついでに記念写真を撮りました。

この226号は、1977(昭和52)年に北勢線の近代化により内部・八王子線へ転籍、1983(昭和58)年に廃車、四日市スポーツランドに保存されました。
24年間この地に保存展示された後、2007(平成19)年12月に阿下喜駅へ移設されました。

北勢線(79)

 阿下喜 2012(H24).10.7

綺麗に保存展示された226号です。

226号は、2007(平成19)年の年末に、この場所へ搬入された後、修復工事がボランティア団体(ASITA)により行われ、2011(平成23)年に完成披露されました。
北勢線(80) 阿下喜 2012(H24).10.7

226号の車内です。第1・3日曜日に公開されています。
北勢線(81) 阿下喜 2012(H24).10.7

軽便鉄道博物館の中です。第1・3日曜日に公開されています。

北勢線(82)

 阿下喜 2014(H26).4.5

阿下喜駅に隣接した軽便鉄道博物館・226号の周辺で、北勢線開業100周年イベントが行われていました。


北勢線開業100周年記念のリニューアルアップはこれで終わりです。
北勢線1~4で、私がアップした写真の撮影日数をカウントしたら、19回もありました。ひょっとすると一番多く撮影に出掛けた路線かもしれません。
(我が家から一番近い軽便鉄道ですから、当然かもしれませんが・・・)
これからも季節の折々に出掛けたいと思っています。
北勢線の四季(最近の北勢線)へ 
2014(H26).4.25renewal
津島軽便堂Topページへ戻る    北勢線1へ  北勢線2へ  北勢線3へ   北勢線の四季  内部・八王子線

参考図書:「鉄道ピクトリアルNo.313」 1975(S50).11月臨時増刊号-近畿日本鉄道特集-鉄道図書刊行会発行
       「Rail Magazine 368」 2014(H26).5月号 ネコパブリッシング発行
       「鉄道ジャーナルNo.56」1971(S46).12月号 鉄道ジャーナル社発行