富山地鉄 射水線    富山新港で分断されてしまった射水(いみず)線です

富山地方鉄道射水線は、新富山〜新港東口14.4kmの鉄道(左図の青線)で、1980(昭和55)年3月31日限りで廃止となりました。

この路線も複雑な経緯があり、詳細は下記参考図書のRM LIBRARY107「富山地鉄笹津・射水線」をご覧ください
射水線は、富山新港が出来るまで新富山と新湊を結ぶ路線でした。新湊で高岡軌道線と連絡し、高岡駅前の新高岡から高岡軌道線で新湊を通り、海沿いを走り新富山から富山市内線に乗り入れ、富山駅前を通り繁華街の西町まで走っていた時期もありました。1966(昭和41)年に富山新港建設で分断され、乗客も半減したそうです。新湊〜越ノ潟は加越能鉄道に譲渡され、射水線は富山新港の東側だけになりました。

左の地図は、国土地理院発行1/20万「富山」S44.10.30より
私が訪問したときは、青線が射水線で、緑の線が加越能鉄道でした。
富山市内線を水色で記入しました。
富山地鉄射水線@

 新富山 1972(S47).8.24

私が最初に射水線を見たのは、昭和47年の夏でした。
新富山で1枚写しただけです。
この電車で新港東口まで乗り、フェリーで越ノ潟へ渡り、加越能鉄道に乗り高岡へ出ました。

富山地鉄射水線A Nさん撮影

 新富山 1980(S55).3.23

上の写真@の反対側から見た新富山駅です。
射水線が廃止になる、約1週間前でした。
富山地鉄射水線B Nさん撮影

 新富山 1980(S55).3.23

射水線の富山市内線乗り入れは、一時中断されていましたが、1977(昭和52)年に復活しました。
市内線との連絡線上にいるデ5010形です。 
右端に写っている建物が、立派な新富山駅舎です。
富山地鉄射水線C Nさん撮影

富山駅前 1980(S55).3.23

富山駅前に乗り入れた射水線直通電車です。
ここで折り返します。 
←富山地鉄射水線D 呉羽山から 1980(S55).3.23 Nさん撮影

呉羽山に上り、北陸線・高山線を跨ぐ陸橋上のデ5010形を俯瞰しました。
富山北口から八ヶ山に向かう電車です。
↓富山地鉄射水線E 富山北口 1980(S55).3.23 Nさん撮影

立派な駅舎です。射水線が最初に出来たときのターミナルでした。
廃止の案内看板が出ていました。

富山地鉄射水線F Nさん撮影

新港東口 1973(S48).3.22

終点の新港東口です。
Nさんは、この日高岡市内で私と別れた後、加越能鉄道とフェリーを乗り継いで新港東口に到着しました。
射水線に乗る前の一コマです。
踏切を三輪車が横断します。
 Top頁(Home)へ  →加越能鉄道へ

参考図書:
  RM LIBRARY 107 「富山地鉄笹津・射水線−デ5000系物語−」服部重敬著 ネコ・パブリッシング 2008.7.1発行
  「新・消えた轍7 北陸-ローカル私鉄廃線跡探訪-」寺田裕一著 ネコ・パブリッシング2010.12.29発行