津島軽便堂写真館

樽見鉄道 2/2   国鉄樽見線を引き継ぎ、薄墨桜の咲く樽見まで延長       樽見鉄道1へ戻る 


2012(H24).4.19の薄墨桜
樽見鉄道(26)

 日向 2012(H24).4.19

久しぶりに樽見鉄道沿線に出かけました。
この日は、家族そろって車で薄墨桜を見に行きました。
(上の写真)
その帰りに、桜満開の日当駅で1列車だけ撮らせてもらいました。
運良く最新鋭のハイモ330-701号が来てくれました。
樽見鉄道(27)

糸貫~本巣 2013(H25).3.30

岐阜の桜が満開になったというニュースを見てNさんと車で出かけました。
岐阜より北のこの辺りでは、五分咲き程度でした。

通った列車は、モレラ岐阜の全面広告車ハイモ230-314でした。
(この車両は2015/H27年に廃車となりました)
樽見鉄道(28)

 木知原 2013(H25).3.30

2005(H17)年製の、ハイモ295-516号が木知原駅に到着します。
これ以前の樽見鉄道の気動車は富士重工製でしたが、2003(H15)年に富士重工は鉄道車両部門から撤退し、新潟鐵工の鉄道車両部門を引き継いだ「新潟トランシス」へ合流。そのため、これ以降は新潟トランシス製の気動車になりました。

桜は、本巣付近で五分咲きでしたが、それより北の木知原や谷汲口ではまだ「ちらほら」でした。気落ちしながら撮り、早々に名鉄谷汲線廃線跡をたどりながら帰りました。(そちらの方は満開でした)
樽見鉄道(29)

 木知原 2013(H25).4.4

上の写真(28)の5日後です。
絶好のお花見日和になったので、再び樽見鉄道沿線へ出かけました。
わずか5日の違いで、華やかさが全く違います。
運良く最新鋭のハイモ330-701号
(新潟トランシス製)が来てくれました。
樽見鉄道(30)

 木知原 2013(H25).4.4

桜満開の木知原駅を出発したハイモ230-313・314号の2連の後ろ姿です。
共に広告車両ですが、落ち着いた色の313号が手前側に連結されていたので助かりました。
樽見鉄道(31)

織部~木知原 2013(H25).4.4

根尾川に沿って走る230-313・314号の2連です。
木知原駅近くの川沿いから下流の織部方面を見ました。
樽見鉄道(32)

 谷汲口 2013(H25).4.4

満開の谷汲口駅を出発した「うすずみ観桜号」です。こちら側にだけヘッドマークが付いていました。

このハイモ295-617号は、同じ三セク仲間の三木鉄道の300-105号で、同社廃止(2008/H20年)により、翌年から樽見鉄道で走り始めました。
車体の色は三木鉄道のままでした。

2002/H14年富士重工製ということですから、富士重工が鉄道車両部門を撤退する直前に製造した気動車です。
樽見鉄道(33)

 谷汲口 2013(H25).4.4

桜に埋もれたという表現がぴったりの谷汲口駅です。
上の写真(32)の逆方向から見ました。
樽見鉄道(34)

神海~高科 2013(H25).4.4

根尾川の上流の方へ足を延ばしました。
神海→樽見間の新線区間では最初の橋梁です。
ハイモ330-701号が渡ります。
樽見鉄道(35)

水鳥~樽見 2014(H26).4.8

残雪の山々を背景に根尾川橋梁を渡る列車です。
この付近で一番高い山は、能郷白山1617mで、奥美濃の最高峰ということです。一番白い山が能郷白山と思われます。

樽見鉄道線は、根尾川を何度も渡りますが、これが一番上流にある橋梁です。

この日は、薄墨桜を見るため、車で家を早く出ました。10時過ぎに花見を終え、帰り道に撮りました。
樽見鉄道(36)

木知原~谷汲口 2014(H26).4.8

これは樽見鉄道線で一番下流側にある根尾川橋梁です。

この場所から反対側を見ると谷汲口駅です(上の写真(33))
樽見鉄道(37)

 木知原 2014(H26).4.8

ハイモ295-315号です。
芸術家の池田満寿夫氏が塗装のデザインをした車両です。
樽見鉄道(38)

 木知原 2014(H26).4.8

上の写真(36)と同じ木知原の写真ですが、上の写真は午前中の早い時間帯、この写真は午後です。
樽見鉄道(39)

 十九条 2015(H27).4.4

4年連続の樽見鉄道の桜です。

まずは十九条駅の横で、230-313号を撮りました。
この230-313号が、最後に残ったハイモ230形で、今年(H30年)の12月に引退予定で、普段は予備車であまり運転されませんが、今年1年間は指定された土休日に運転されると、樽見鉄道のホームページに記載されていました。
樽見鉄道(40)

 木知原 2015(H27).4.4

満開の桜とハイモ330-701号です。
この年(H27)の12月に330-702号が登場するまで、この車が最新鋭でした。
それが、こんな色に…
糸貫柿振興会と岐阜イチゴの広告列車になりました。
樽見鉄道(41)

横屋~十九条 2015(H27).4.4

犀川橋梁です。
残雪の伊吹山と堤防の桜と、河原の枯れた葭原、カラフルなLEカーが良い感じでした。
樽見鉄道(42)

横屋~十九条 2015(H27).4.4

犀川の土手道です。
線路を横断し、上の写真(41)の逆方向から見ました。
ハイモ230-313・314号が大垣で折り返し戻ってきました。
樽見鉄道(43)

 北方真桑 2016(H28).4.2

国鉄時代の駅名は本巣北方で、名鉄揖斐線美濃北方駅の最寄りでした。といっても600mほど離れていましたが…

45年くらい前、美濃本巣付近で蒸気機関車を撮るときは、名鉄揖斐線で美濃北方まで来て、ここから樽見線に乗り換えました。懐かしい駅です。


ハイモ330-701号は、この塗装で、のっぺりとした感じになってしまいましたが、2017(H29)年11月に観光列車「ねおがわ号」としてデビュー。塗装も一番上の写真のように戻され(帯だけ白から銀色に変更)、ほっと一息です。
樽見鉄道(44)

木知原~谷汲口 2016(H28).4.2

根尾川橋梁です。
樽見鉄道線は、東大垣を出て揖斐川の鉄橋を渡り、織部を過ぎてからは揖斐川の支流・根尾川に沿って走ります。何度か根尾川を渡りますが、これが最初の橋梁です。

上の写真(36)の鉄橋を横から見た写真です。
樽見鉄道(45)

木知原~谷汲口 2016(H28).4.2

この年は、この295-516号が唯一の樽見鉄道原色気動車でした。
上の写真(44)で見かけたので、樽見で折り返し戻ってくるのを待って撮りました。
樽見鉄道(46)

横屋~十九条 2017(H29).4.6

2015(H27)年12月にデビューした、現時点の最新鋭ハイモ330-702号です。
230-314号からモレラ岐阜の広告を引き継いだ色鮮やかなモレラ号です。

犀川には水鳥たちが羽を休めています。
樽見鉄道(47)

横屋~十九条 2017(H29).4.6

犀川橋梁を渡る295-617号です。
この車両は三木鉄道からの譲渡車で三木鉄道色でしたが、ケーブルテレビのCCNetの全面広告になってしまいました。
樽見鉄道(48)

横屋~十九条 2017(H29).4.12

土手道のタンポポを強調しました。

犀川沿いの桜と残雪の伊吹山と共にハイモ295-516号が鉄橋を渡ります。
樽見鉄道(49)

横屋~十九条 2017(H29).4.12

犀川の河原に降りて撮りました。
花筏とまではいきませんが、水面に桜の花びらが浮かんで綺麗でした。

池田満寿夫氏デザインの295-315号です。
車体長16mで、これ以降に製造された車両は18mなので、真横から見るとちょっと小柄な印象を受けます。
樽見鉄道(50)

横屋~十九条 2017(H29).4.12

犀川の土手の北側です。
樽見の薄墨桜が満開になったので、車内は大混雑です。

樽見鉄道線は、沿線に桜が多く、桜の季節には魅力的な路線です。
Nさんから48年前の国鉄樽見線の写真を提供してもらいましたので、これより下に掲載します。
国鉄樽見線(51) Nさん撮影

大垣電車区 1970(S45).4.29

このキハ07形は、樽見線を走っていた気動車ですが、このとき既に後継のキハ17系に後を託し、留置線で静かに休んでいました。この後しばらくして、有田鉄道へ譲渡されました。
 →有田鉄道


この日、先輩のAさん(=railbusさん)に引率され、鉄研のメンバー10人くらいで大垣電車区を見学して、樽見線に乗りました。私は2年生で、この時初めて新入生のNさんと話をしましたが、私より鉄道知識が豊富でした…
国鉄樽見線(52) Nさん撮影

大垣電車区 1970(S45).4.29

大垣電車区の樽見線車両エリアの全景です。
左端には蒸機のC11も写っています。
キハ07 207号の前のネコの横で寝転んで撮っているのはrailbusさんでしょうか!?
国鉄樽見線(53) Nさん撮影

 美濃神海 1970(S45).4.29

樽見線に乗って終点の美濃神海駅へ到着しました。
美濃神海には立派な貨物ホームもあったんですね!旅客ホームよりも立派な感じがします。
 樽見鉄道1へ戻る
津島軽便堂Topページへ戻る       国鉄樽見線C11  2018(H30).1.2up

参考図書:「第三セクター鉄道」 鉄道ジャーナル年鑑「日本の鉄道」別冊 1987(S62)年11月 鉄道ジャーナル社発行