津島軽便堂写真館

関西線(加太越え)のD51  ①     

「亀山-関-加太-中在家信号所-加太トンネル(summit)-柘植」の関西線の難所は、加太越えと呼ばれていました。特に加太駅→加太トンネルは25‰連続上り勾配の難所でした。トンネルの手前にはスイッチバックの中在家信号所もありました。亀山~柘植間の貨物列車には後補機が付き、D51が前引き・後押しで喘ぎながら上る大築堤は、中部地方屈指の撮影地でした。私も何度か訪問しましたので、その写真をご覧ください。
 ↑地図は、国土地理院1/20万「名古屋」S41.8.30発行より
↑関西線ダイヤ(鉄道ファン117号 「蒸気機関車撮影地ガイド」より) SL牽引貨物列車=青線(不定期は水色)、荷物列車=緑線、客車列車=赤線です。 △は補機付き
関西線加太越え①

 亀山 1970(S45).3.28

私が生まれて初めて加太越えのD51を撮りに行ったときの写真です。

弥富から関西線に乗り、亀山で乗換です。たぶん左に停まっているキハ35の331D乗って加太に向かいました。

右の方に、加太方面から到着した切妻の合造車キハユニがいました。
関西線加太越え②

 亀山 1970(S45).3.28

亀山駅ではC50 75が入換に励んでいました。
この写真を撮ったあと、331Dに乗り、加太に向かいました。
関西線加太越え③

加太~中在家 1970(S45).3.28

上のダイヤを見ると、331Dは加太駅で荷41列車を追い越します。
加太駅で降りて、大築堤めざし一生懸命歩きましたが、とりあえず1本目の荷物列車は大築堤のだいぶ手前の鉄橋で撮りました。

曇り空&無風のおかげで、煙が良い感じに流れました。
関西線加太越え④

加太~中在家 1970(S45).3.28

荷41列車の20分後は、貨物783列車です。
後補機を付けて、煙を良い感じに出しながら走ってきます。
関西線加太越え⑤

加太~中在家 1970(S45).3.28

上の写真④の続きです。
背景の木造校舎は加太小学校です。
関西線加太越え⑥

加太~中在家 1970(S45).3.28

上の④⑤の続きです。

望遠レンズを標準レンズに交換して撮りました。

D51の後補機付き重連783列車は、ゆっくりと近づいてきました。なかなかの迫力があり感動しました!
関西線加太越え⑦

加太~中在家 1970(S45).3.28

783列車の後ろ姿です。
大築堤に向かい走り去りました。
関西線加太越え⑧

加太~中在家 1970(S45).3.28

加太の大築堤を俯瞰しました。
短い貨物列車で後補機が要らないくらいでしたが、付いていました。
関西線伊賀上野方面へ直通する貨物列車です。

この当時の写真を見ると、柘植から草津線へ入る貨物列車は長大編成で、関西線を直通する貨物は比較的短い編成でした。
関西線加太越え⑨

加太~中在家 1970(S45).3.28

上の写真⑧を撮って振り返りました。

このカーブを曲がって少し行くと、スイッチバックの中在家信号所です。
関西線加太越え⑩

加太~中在家 1970(S45).3.28

大築堤を下ってくる貨物列車です。珍しく前補機重連です。

上のダイヤで調べると、261列車の後は(不定期を除けば)当分築堤を上る蒸機列車がないので、下ってくる列車を待ちました。
関西線加太越え⑪

加太~中在家 1970(S45).3.28

上の写真⑩の続きです。
貨物786列車だと思います。
関西線加太越え⑫

加太~中在家 1970(S45).3.28

荷物列車が坂を下ってきました。
荷44列車です。
関西線加太越え⑬

加太~中在家 1970(S45).3.28

135mm望遠レンズで築堤を下る788列車を撮りました
関西線加太越え⑭

加太~中在家 1970(S45).3.28

上の写真⑬の続きです。
いろんな貨車と後補機をつないでいて良い感じでした。
関西線加太越え⑮

加太~中在家 1970(S45).3.28

大築堤を後に、加太駅に戻り始めました。
昼頃から天気が良くなったのは有難かったですが、温度も上昇し白い水蒸気の煙が見えなくなってしまいました。

このあと、加太駅まで歩き、亀山・弥富経由で帰りました。
↓亀山 1970(S45).3.28

帰りの亀山駅でDF50を見ました。
↑3/28にDF50を見て心引かれましたので、次はDF50を撮ろうと、約1ヶ月後の5/1に紀勢線下庄を訪問しました。

その写真は→紀勢線・下庄・DF50

関西線加太越え⑯

 亀山 1970(S45).5.1

亀山駅で入換に励むC50 76号です。


この日は紀勢線・下庄へDF50を撮りに行きました。乗り換えの待ち時間に亀山駅で撮りました。
関西線加太越え⑰

 亀山 1970(S45).5.1

加太越えに向かうD51 614です。
向こうの方には機関庫も見えます。扇形庫ではないのが残念ですが…



加太越えの撮影は、この後も何度か出掛けましたが、当ページにアップした最初の訪問時の写真が、自分では一番気に入っています。
これ以降に撮った写真も一応ありますので、また後日…
関西線加太越え⑱

 亀山 1970(S45).5.1

⑰の続きで、D51が出発しました。
向こうの方の転車台の上にもD51が見えますが、煙突に集煙装置が付いていないので、稲沢~亀山間の関西線(名古屋口)貨物用のD51です。稲沢~亀山間の蒸機が廃止になったのは、この約1年後の1971(昭和46).4.25です。



加太越えの撮影は、この後も何度か出掛けましたが、当ページにアップした最初の訪問時の写真が、自分では一番気に入っています。
これ以降に撮った写真も一応ありますので、また後日…
津島軽便堂Topページへ戻る  2015(H27).10.25up

参考図書:  鉄道ファン117号 「蒸気機関車撮影地ガイド」 昭和46(1971)年1月臨時増刊号 交友社発行