津島軽便堂写真館

名古屋鉄道車両史鉄道友の会島秀夫記念優秀著作賞受賞

2020年 島 秀雄記念優秀著作賞選定対象の解説・選定理由  (鉄道友の会ホームページより)
本書はさまざまな歴史的背景を持ち、合併した各社の車両を統合しつつ発展した名古屋鉄道(名鉄)の車両群について、網羅的かつ体系的に解説した労作です。大判の採用による見やすい誌面レイアウトにより、掲載資料の価値や魅力が十分に活かされていることも評価できます。著者はいずれも名鉄の元社員で、趣味者としての視点や立場を大切にし、貴重な資料や写真を活用して完成度の高い内容に仕上げられています。このように内外の情報に熟知した「趣味者」がその経験・知識を活かし、趣味者に限らず一般読者にも十分通用する内容の書籍として出版したことは、今後出版される同種の出版物の模範を示す著書として、島秀雄記念優秀著作賞に選定しました。
鉄道友の会より、2021(令和3)年1月13日に、2020年の「島賞」の発表があり、「名古屋鉄道車両史」が選定され、上記のような過分はお褒めの言葉をいただきました。これは、貴重な写真や資料を残していただいた先輩諸氏や、それを保管していた名鉄資料館のおかげです。改めて、お世話になった方々に御礼申し上げます。
上下巻を出版してから読み返してみると、いろいろ間違いが見つかり、気になっていました。受賞したからには、間違いをそのままにしておくわけにはいきませんので正誤表を作りました。ご覧ください→
なお、正誤表に未記載の間違いを発見された場合はメールをお願いいたします。正誤表に追記します。
 名古屋鉄道車両史-正誤表
 津島軽便堂Topページへ戻る      上巻のPR    下巻のPR  2021(R3).1.15up