木曽森林鉄道   上松2 (上松起点0.0km)

  木曽森林鉄道 上松M

上松 1974(昭和49).3.22

上松貯木場の全景です。
3月下旬ですが、山には雪が残っています。
   
上松N 1974.3.21 春分の日で森林鉄道は動いていませんでした。 上松O 1974.3.21 左の客車の車内です。冷暖房・車内灯なしです。
   
上松P 1974.3.21 車庫(機関庫)の中へ入れてもらいました
            機関庫の一番奥です。
上松Q 1974.3.21  機関庫奥の方から入口方向を見ます
            機関車がたくさん並んでいました。
   
上松R 1974.3.21 珍しい箱形ボギー式のディーゼル機関車です。
  私は残念ながらこれが動いているのを見たことがありません。
  現在は、赤沢森林鉄道記念館に保存してあります。
上松S 1974.3.22 機関庫の前です。給油機がありました。
 
上松21 1974.3.21 上松貯木場の留置線です。 上松22 1974.3.21 貯木場の端を見上げました。
          危険物専用車と小型客車が置いてありました。
   
上松23 1974.3.21 貯木場の下にあった廃線跡です。
    貯木場から製材所への有名なΩループ線跡でした。
上松24 1974.3.21 左の写真の近くです。廃線跡がはっきり見えます。
        左の河岸段丘上が貯木場です
  木曽森林鉄道 上松25

上松 1974.3.21

十王沢の鉄橋です。
C12の単機回送が煙を吐いて上松駅を出発しました。中央線は既に電化されていましたが、上松駅の貨車の入換用に木曽福島機関区のC12が毎日来ていました。入換を終わって木曽福島へ帰るところです。

木曽森林鉄道の客車が置いてある線路は留置線として使われていました。
本線はこの右側にありました。
上松の乗降場は、この背後にありました。
   
上松26 1974.3.21 右側は貨車の検査修繕を行う工場です。
     この写真撮影位置の左側に上松乗降場がありました。
 上松27 1974.3.21 貨車の検査修繕を行う工場です。
      運材台車の車輪のがたくさん転がっています。
 
木曽森林鉄道 上松28

上松乗降場 1974.10.18

「みやま号」が16:30上松乗降場に到着しました。大勢降りてきました。

上松1のLの写真の逆方向から撮った写真です。
木曽森林鉄道地図へ Topへ戻る 次(鬼淵)へ