北陸鉄道 3/3      北陸鉄道、残りの能美線、石川線、浅野川線です。            1.小松線   2.金名線 

北陸鉄道3-@ Nさん撮影

 新寺井 1973(S48).3.21

北陸鉄道能美線の国鉄接続駅・新寺井です。
Nさんは、尾小屋を5:57の尾小屋鉄道始発列車に乗り、国鉄を乗り継いで、新寺井7:16発の3702号に乗りました。
出発前の風景です

私も一応能美線は乗りましたが、尾小屋鉄道を撮ったあと、加賀一の宮のユースホステルに泊まるために夕方乗ったので、写真が1枚もありません。
Nさんの写真をご覧ください。

北陸鉄道の地図
北陸鉄道3-A  能美線の交換駅 1973(S48).3.21 Nさん撮影 北陸鉄道3-B  能美線の交換駅 1973(S48).3.21 Nさん撮影
  この3-ABは、能美線で新寺井から鶴来に向かう途中で撮った写真です。世界の鉄道'74(朝日新聞社発行)を見ると、当時の能美線の交換駅は、本寺井と辰口温泉となっていますので、Aが本寺井、Bが辰口温泉と思われます。
北陸鉄道3-C Nさん撮影

 鶴来 1973(S48).3.21

能美線の電車3702号(ホームに停車中の3本の一番左側)は、7:56に鶴来に到着しました。
一番右のホームに、白山下行きの3752号が停車中です。8:01発ですから乗り継ぎ5分です。
この写真を撮って、白山下行きに乗りました。(その写真は前頁)
北陸鉄道3-D Nさん撮影

能美線
本鶴来〜岩本 1973(S48).3.21

上の写真Cを撮ってから、白山下を1往復し、9:29に鶴来へ戻ってきました。
能美線の電車の走行写真を撮るため、手取川の鉄橋へ行きました。 
北陸鉄道3-E Nさん撮影

浅野川線
 内灘 1973(S48).3.21

浅野川線の終点、内灘駅です。

上の写真Dを撮ったあと、鶴来10:29発の電車で野町へ出て、バスを乗り継ぎ、北鉄金沢11:31発の1001号に乗り、内灘に11:55に到着しました。

北陸鉄道3-F Nさん撮影

浅野川線
蚊爪〜粟ヶ崎 1973(S48).3.21

内灘から戻る途中、粟ヶ崎で途中下車して大野川鉄橋で撮りました。
北陸鉄道3-G Nさん撮影

浅野川線
蚊爪〜粟ヶ崎 2006(H18).4.22

上の写真Fの33年後です。
風景はあまり変わっていませんが、元京王電鉄井の頭線のステンレス車が活躍していました。

これはこれで格好いい電車で、乗客サービス向上につながりましたが、ローカル私鉄の味わいは薄れました。
北陸鉄道3-H

 鶴来  1982(S57).5.28

北陸鉄道の中心駅:鶴来に集まる電車です。
北陸鉄道の主力はこの頃既にバス輸送になっていました。
北陸鉄道鉄道部の事務所は鶴来にあり、電車の車庫もここにあるなど、鶴来は文字通り北陸鉄道の中心駅でした。
北陸鉄道3-I

 鶴来  1982(S57).5.28

鶴来の留置線には凸型電気機関車ED201号がいました。
 Top頁(Home)へ  北陸鉄道の最初へ戻る