樽見線の蒸気機関車2/2  (C11キハ17系)  

  樽見線の蒸気機関車2-@

横屋〜十九条 1971(S46).11.8

太陽を入れて逆光で撮りました。
C11の重連ですね。バック運転ですから、美濃本巣発大垣行きの貨物列車です。
下の2-Hと同じ鉄橋で撮りました。


思えば、この頃(1970〜1976年)が私の鉄道写真に対する情熱がピークの時代でした。
蒸気機関車や、軽便鉄道・森林鉄道・鉱山鉄道などのナローゲージ、地方のローカル私鉄がどんどん消えていった時代でした。

  樽見線の蒸気機関車2-A

糸貫〜美濃本巣 1970(S45).11

美濃本巣の東側の山に登って、樽見線を俯瞰しました。
貨物列車がまもなく美濃本巣に到着します。

田んぼと柿畑が広がる風景です。
ちょうど柿の実が実る頃でしたが、写真ではよくわかりませんね。
  樽見線の蒸気機関車2-B

糸貫〜美濃本巣 1970(S45).11

上の写真Aと同じ場所から撮った旅客列車です。
小さくてわかりにくいですが、たぶんキハ17系のディーゼルカーです。
当時、樽見線の主力のディーゼルカーでした。
  樽見線の蒸気機関車2-C

東大垣〜横屋 1971(S46).10.24

揖斐川の鉄橋を渡る貨物列車です。

蒸気機関車(=貨物列車)が走っていた大垣〜美濃本巣の区間では、この揖斐川鉄橋付近が一番撮影に適したところでした。
あとは、田んぼと柿畑の中を淡々と走るという感じでした。
  樽見線の蒸気機関車2-D

東大垣〜横屋 1971(S46).10.25

揖斐川の鉄橋です。
よく見るとC11の重連ですね。かなり長い貨物列車です。

上の写真Cの反対側からススキを入れ逆光気味で撮りました。

 
  樽見線の蒸気機関車2-E

糸貫〜美濃本巣 1971(S46).10.25

樽見線の旅客列車の主役ディーゼルカーのキハ17と稲刈りをする人たちです。
スローシャッターでキハ17を少し流してみました。
 
  樽見線の蒸気機関車2-F

糸貫〜美濃本巣 1971(S46).10.25

上のEと同じ場所で旅客列車を2本撮りました。
  樽見線の蒸気機関車2-G

糸貫〜美濃本巣 1971(S46).10.24

富有柿の里を走るC11貨物列車です。

沿線の特産物である富有柿が実ってましたので、それを入れて撮りました。
 
  樽見線の蒸気機関車2-H

横屋〜十九条 1971(S46).10.28

キハ17系の2連が鉄橋を渡ります。
川岸にはススキや柿の木がありました。
地図で調べると、この川は長良川の支流の犀川です。
  
  樽見線の蒸気機関車2-I

糸貫〜美濃本巣 1971(S46).10.24

稲刈り作業の向こうをC11の貨物列車が通ります。
手前には富有柿が実っていました。

  
  樽見線の蒸気機関車2-J

十九条 1971(S46).10.28

十九条のホームにはコスモスが咲いていました。
美濃本巣行きの貨物列車が通過しました。
 
樽見線の蒸気機関車2-K

十九条 1971(S46).10.28

十九条の駅構内にサルビアの赤い花が植えてありましたので、通過するC11と一緒に撮りました。
 
   
 2-L 横屋〜十九条 1971(S46).11.8   2-M 美濃北方〜糸貫 1971(S46).11.23  C11の重連でした
Topへ戻る   前の頁(樽見線SL1)へ